上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
4月13~15日はタイの旧暦のお正月、ソンクラーン。
水掛け祭りだ。

カンボジアから帰ったその日は、ソンクラーン初日。
バックパッカーの集まる、バンコクはカオサン通りのこと。
予想、いや覚悟はしとったけど。。。予想以上の盛り上がり。。。
いや、盛り上がりと言うよりは完全に悪乗りで。。。

道は人で溢れかえって前に進める状態じゃない中、大音量の音楽にのってお姉ちゃんはお立ち台で踊り狂う。
そしてでっかい水鉄砲やら、ドラム缶に溜めたやつやら、はたまたホースから大量に撒かれる水。
これ、、、避けようがないやないか!!!
さらには顔にべっちょり白い粉を水で溶いたドロドロのものを塗られる。。。

パソコン類の入ったリュックを抱え、周りの人たちの笑顔と裏腹にキレ顔で突き進む日本人

まあお祭りなんやしさ。この日に帰ってきた自分が悪いけどさ。
でもさ。
どっちかって言うと欧米人の悪乗りが過ぎるのに腹が立つんやけど!??

そんなことでご飯を食べに行くのもままならん。
3日間ここにおっても、あんまり外に出る気にならんやろしなぁ。。。
こりゃ急いで別の街に避難しかない!!!ってことで、スコータイへ移動することに。


でもこれはタイ全土のお祭り。
スコータイでも
P4142018.jpg
派手にやっとるやっとる!!!

ただ欧米人は少なくなったし、地元の人は気を遣ってくれるから、理不尽に水をぶっ掛けられることは少なくなった。
P4152034.jpg
地元の人同士はこの通り容赦なしやけどね。

それでもたまーーーにこっそり背中に入れられたりするんよな、あたし。
なに??入れやすい顔なん??そんなんある??

みんな楽しそう。
P4152032.jpg
年に1回のお祭りやもんなーーー。
ってここに来て素直に思えた。

同じ宿に泊まっとった方から、お寺で儀式もあると聞いて行ってみる。
屋台みたいなのを引いたお坊さんと一緒に仏塔の周りをくるくるくるくる回り
DSC_0309.jpg
仏塔の中で祈って、花を手向ける。

それから仏像に水をかける。
P4152054.jpg

P4152056.jpg

そもそもソンクラーンの本来の意味って
「仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをして相手に敬意を示す
ってことらしい。
P4152064.jpg
ここでは、花びらを浮かべた香りのついた水を使っとった。

でも若者の間ではこういう水掛け祭りってことになっとるらしい。
P4152037.jpg
ほらーーー!!!そんな水ぶっかけるもんちゃうんやでーーー!!!

まあタイでは1年でいちばん暑い季節やし、日本でもありそうな話やからわからんでもないけどね。
DSC_0376.jpg
そんなこんなで水も滴るエエ女。でへっ。

2011.04.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。