上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
あたしがこのニュースを知ったのは、地震から1時間半後のこと。

なにげなくPCを開いて、Yahooのトップページに地震情報。
詳細をネットで確認しとると、エクアドルにおる友人からSkypeで「無事??」とのメッセージ。

テレビを見て、事の重大さを再認識。

毎日毎日、いろんな情報が明らかになっていくけど
それは
目を覆いたくなるような現地の写真やったり
被災された方の悲痛な声やったり
どんどん増えていく亡くなった方、行方不明の方の人数やったり
ぐって胸が苦しくなるようなことばっかり。。。


やっぱり関西におるあたしたちが、どうしても切っても切り離されへんのは、阪神大震災のこと。
そのころは小学生で、姫路はさほど大きな被害は受けへんかったし
神戸に行くこともなく、知り合いがおるわけでもなかったけど
自分のすぐ近くで起こった大惨事。
倒れた高速道路の橋桁、潰れてぐちゃぐちゃになった家、空襲の後みたいに焼け野原な街。
テレビを見るたびに、怖くて、悲しくて、胸が痛くなったんを思い出す。

だから、今後被災地がどんな風になっていくかってこと、少しは分かっとるつもり。


実はこの地震が起こる直前に、アジア行き飛行機のチケットを取ったところやった。

今、ボランティアに行っても受け入れ体制が出来てないこと。
今、救援物資を送ろうにもうまくいかへんこと。
それを差し置いても、きっと何か出来ることはあるんかもしれん。
ましてあたしは医療者のハシクレ。

だからこの時期に日本を出ること。
正直言うて後ろめたさがないわけじゃない。

これを言うとおかんには「あんたは極端やなー。」とあきれられてしまったんやけど
でも
人間は何が起こっていつ死んだって不思議じゃない。
だからこそ
自分の道を真っ直ぐ進もうと思う。

わがままでも、勝手でも、不謹慎でも
日本全体が元気を失ってたんじゃどうしようもない。
あたしはあたしの道を。
元気に笑って。

もし気を悪くされる方がおったら申し訳ないけど、しょうもないふざけたブログも書き続けてく予定。
元気と笑いが、ほんのちょこっとだけでも、みんなに伝染すればいいと願って。


最後に被災された方、そのご家族の方にお悔やみとお見舞い申し上げます。
元気に立ち上がれ、日本!!

2011.03.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。