上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
結局、月曜日になってもバスは動かず。。。
先を急ぐあたしは飛行機でウシュアイアを脱出して、次の目的地エル・カラファテに向かうことに。
(バスやとアルゼンチン→チリ→アルゼンチンの国境越えやけど、飛行機では国内移動やから特に問題なし。)
ああ、リッチモンドじゃないのに。。。

飛行機がとれたところで、エル・カラファテ側で足止めくらっとった友人に連絡。
「宿、空いとる?」
「偶然女子ドミが1ベッドだけ空いとるよ!うまる可能性あるから、早めに予約の電話したほうがエエよ~。」
「マジんがー!?すぐするー!!」

ってことで偶然にも日本人宿に滑り込む。ほっ。
エル・カラファテも国境封鎖の影響で、どこの宿も満員状態やったからほんまにほんまにラッキーやった。


そんな訳で翌日早速、念願のペリト・モレノ氷河ツアーへ。
ロス・グラシアス国立公園内に入りしばらくすると、突然湖ににょきにょきしたものが現れる。
P1189734.jpg

まずバスが向かったのは展望台。
P1189759.jpg

そしてそのにょきにょきの正体が明らかに。。。
そう、これが巷で噂の氷河ってやつ!!!
P1189757.jpg
太陽の光が当たると、こんなにも蒼い。

んで、この展望台におると聞こえてくるものがある。
それはぱあぁーーーん どぉおーーーんて感じの爆音。
このでっかい氷河の至るところで氷河が溶けて崩れ落ちる音なんや。

年中氷河が存在する場所とは言え、季節は夏真っ盛り。
この季節特有の氷河の大崩落が見られるかも!!!
そんな期待を胸に秘め、この場所にやって来た。

まるでピストル音みたいな爆音にドキドキしながら、目の前で氷河が崩落するのを待っとると、、、
キターーーーーーーー('▽')ーーーーーーーーー☆
写真に撮る余裕もなく、見とれてしまったョ。。。
大崩落、とまでは呼べんかもしれんけど、2時間ほど眺める間に数回どっかんと崩れる姿を拝むことが出来た♪
いやあ、氷河ってば生きてます。まじで。

再びバスで移動後、ボートに乗ってさらに氷河の近くへ。
お次は
P1199781.jpg
氷河の上をトレッキングしちゃうぜ。
感覚的には、春のスキー場を歩いとるような感じ。

でも足元の景色がやっぱり違う。
P1199778.jpg
近くで見てもキレイな蒼。

そんな氷河の氷は透き通って、キラキラで、純粋無垢な味がするわけで、、、
P1199805.jpg

そんな氷で頂く洋酒(なんやっけ?)のオンザロックは、オシャレすぎて、雰囲気だけでもほろ酔いなわけで、、、
P1199802.jpg
チョコレート×洋酒のコンビネーションの素晴らしさに、こんなところで目覚めたわけで、、、

ああ!!!もうっ!!!
P1199775.jpg
言うこと無し。
大満喫の氷河ツアー、これにて終了。

2011.01.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。