FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
スーダンのバス移動はなかなかに快適や。
なぜなら中国製のでっかいバスやから!!
でも朝食出るって聞いとったのに、出てきたのはキャラメル2個と冷えた泥水。笑

と言うんも、スーダンは経済・軍事的に中国との関係が深いらしい。
首都ハルツームも、そういう影響を受けてか如何にもダウンタウンな雰囲気の雑然とした小さい商店が並ぶ一方で
まだ新しい感じのショッピングモールがあったりする、不思議な空気の街やった。
3-DSC_0996.jpg

フルーツ山盛り。
1-DSC_0992.jpg
フルーツジュース屋さんも多くて、朝にキューっと1杯がうまし☆

あと、友達に教えてもらったお店にて、、、
2-DSC_0993.jpg
カスタードプリンが激ウマやった件。


ここでふとしたきっかけからスーダンで医療活動をしとる団体に連絡が取れ、現状を見せてもらえることになった。
それがNPO法人ロシナンテス
主な活動とかはHPに詳しく書いてある。

可能であれば、実際の母子医療保健活動を見せてもらえたらなーなんて考えてダメもとでお願いしてみたんやけど
それは受け入れ側の状況も許さずで。。。
設立の資金援助をしたという、病院の見学をさせてもらえることになった。

幸いあたしは今までの旅中も病院にお世話になることはなく、海外の病院を見るのは初めて。
一体どんな状況なんやろうってドキドキ。

病院自体は日本で言う古い田舎の病院って感じ。
酸素の配管やらの設備はイマイチ整備されてないけど、一通りのことが出来そうな救急初療室があった。
血液系の感染症で運ばれてくる人も多いらしく、ちゃんとHIV・HBV・HCVの検査もするらしい。
手術室や、なんと移植ユニットなんかもあった!!

事務所に帰ってからは村の方でやっとる母子保健の活動の話も聞くことが出来た。
元々おる村落助産師さん達の存在を村に根付かせる方法、母親教室のワークショップ、こどもの栄養管理のほか
清潔な水が得られるような、水施設の管理とか
女子の識字率を上げるためにも、学校教育が受けれる体制から作ることからも活動してはるんやと。
ただやっぱり元々ある文化を尊重しながら、尚且つ自分たちが撤退してもその活動の成果が残るようにしていくのは
かなり時間がかかるし、難しいう部分もあるとのことやった。

たまたまタイミングが良くて、今実際に活動をされとる看護師さんから生の話を聞くことが出来てありがたかった♡
ロシナンテスのみなさま、ありがとうございましたm(・∀・)m

今は無理でも、いつか海外の医療活動に携われたらなーと目論むハルツームの夜であった。

2012.10.28 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。