FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
たかのてるこさんの『ダライ・ラマに恋して』。
思えばこの1冊が、ここラダックに導いてくれたんやと思う。

ダラムサラからラダックまでの道のりは遠く険しい。
P7154977.jpg
バスで行くと2日以上かかるし、なにせ途中の峠の標高が5360mと高い。
どうやら高山病にはなりにくい体質のあたしやけど、それでもお腹がグルグルして気持ち悪い。
もともと風邪気味やったのもあったせいか、チャイ(ミルクティー)しか体が受け付けへん。

目指したんはラダックの中心の街、レー。
バスが予定を大幅に遅れて、到着したのは夜中の1時。
観光地化されてきとるとはいえ、まだまだ北インドの小さな田舎街。
ゲストハウス…ことごとく閉まっとるやんけ!!!
そんなこんなで1時間くらいかけて宿探し。。。
ぐったりの中、なんとかダブルベッドの部屋を見つけてバス一緒やった旅人達と3人で宿泊。

でもさ。
次の日の朝この景色見たら、もう疲れとかイライラとか全部ぶっ飛んだ。
P7164979.jpg
山の方に建っとるのがレー王宮

標高が高いからすぐには動き回れず、数日街中をぷらぷら。
ここは街の中心あたりにあるお寺。
そう、ここもチベットの文化圏!!
P7174985.jpg
お坊さんの袈裟は東チベットと同じ色。

この日はたまたまイベントがあったみたいで、たくさんの人が集まっとった。
P7174991.jpg
みんな手にはマニ車。

ああ…そう……この感じよ………(´ω`)
あたしの愛するチベットと同じ感じ………。

ラダックの空はまじで青い。
P7174999.jpg
もうこれだけで来た価値あるんすけど。

夏でも山は雪化粧。
P7175002.jpg

青空に映えるタルチョ。
P7175020.jpg

空に近い場所。
P7175042.jpg
一瞬で。ラダックに惚れてしもーたよ。

2011.07.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。