FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
チベットツアーに行けんかったいちばんの心残り。
それがエベレストベースキャンプに行けへんかったことやったりする。
(あたしが組んだツアーには、ここが予定に入っとった。)

ポカラは雨こそそんなに降らへんものの、山には毎日雲がかかっとった。
せっかくここに来たんやから、エベレスト山脈が見たい。。。
でもトレッキングに行って雨に降られたら。。。
相当迷った。
でも迷ってゴニョゴニョウジウジしとる自分が嫌になってきた。

もうそんな思うんなら、やってしまえーーーヽ(`Д´)/!!!←我ながら未だイキオイだけで生きとるな。。。
てな感じで、次の日から3泊4日のトレッキングを決意。
雨季で雨降ってひとりは心細いから、高いけどガイドさんに付いてってもらうことに。


1日目。午前中にパーミット(入域許可証)を受け取って、ガイドさんと合流。
ポカラから入口のポイントまでタクシーで移動して、昼前から歩き始める。
P6264387.jpg
天気はまずまずやし、景色もいいなー。

おっと!!緑の5本指先生発見。。。
P6264384.jpg
このへん普通にその辺に生えとる。。。

1日目は距離も時間も短いってことで安心しとったけど、標高はぐっと上がる。
というわけで結構ねキツイ登りもあり。。。
P6264388.jpg
荷物だけじゃなくてあたしも運んでくれ!!!

夕方、目的地に着いたときにはもうぐったり。
なぜかここにきて変な咳が出始めたのもあって、早々に就寝。


2日目。朝、晴れた!!!
P6274391.jpg
遠くに見えるのが、エベレスト山脈の中のひとつ、アンナプルナサウスて言う山。

眼下に雲。
P6274395.jpg
もうここは雲の上なんや。

あわわわわ。
P6274396.jpg
ほんまにキレイ。
惚れぼれしながら歩き、昼過ぎに目的地到着。
洗濯したり、本読んだり、ハガキ書いたり、日記書いたりのーーーんびり、ほーーーっこり。

夕方、同じ宿に韓国人姉弟とオーストラリア人高校生3人組がチェックインしてきてからは
拙い英語でお互いのいろんな文化について話し、盛り上がる♪
ほんで明日の晴れを一緒に祈る。


3日目。いちばん晴れて欲しかったこの日。
昨日の夜からの強い雨は降りやまず。。。
このコースのなかで最も標高が高く、いちばんエエ眺望が望めるはずのポイントにも登れず。。。
濃い霧も出てきて、もちろんヒマラヤ山脈の一端なんか一切見えず。。。
変な咳は悪化する一方やし。。。
しょーーーんぼりしながら雨の中をひた進む。

さらに!!!
追い討ちをかけるように、奴らがあたしを襲ってきた!!!

それは…
足にこっそりとまとわりついてくる…

小っこいヒルの大軍Σ(´Д`;)ぎゃおーーー!!!
数がハンパなくて、草むらで止まろうもんなら数匹が靴のメッシュ部分やら、靴下の隙間から確実に数匹が侵入。。。
何回も叫んでは、ガイドさんに取ってもらう始末。。。
P6274398.jpg
出発して2時間もすると、血を吸われるんとかだんだんどうでもよくなってきて←おいっ!!
ようやくまわりの景色を楽しむ余裕がうまれてきた☆

それぞれ別のガイドさんがついとるから、別々に出発したけど
P6284410.jpg
気づいたら一緒に歩いとった、同じ宿の仲間たち。笑

しかしこんな日のご飯は格別にうまい!!!
P6284424.jpg
これはダルバートっていう、ネパールの定食みたいなもの。
ご飯に数種類のおかず、豆のスープが付くのが定番で、それを自分の好みで混ぜ混ぜしながら食べる。
基本的に優しい味付けで、日本人好みやと思う。

昼からは雨もやんで、調子良く進んどると思われた頃…

ひゃだっ!!!死ぬっ!!!

なんと1m先は滝っていう、増水して水の勢いの強い川の中で足を滑らせた。
一瞬にして命の危機を感じ、必死で膝と手をついて流されへんように踏ん張る。
その後ガイドさんに引き起こしてもらって大事には至らへんかったけど、もうほんまにビビった!!!

…ま、荷物はまあまあベッシャベシャになったけどよ。
…ま、嫁入り前の娘やのにスネちゃまにでかい傷作ったけどよ。
それで済んでよかったってことにしとこう。


4日目。晴れればパノラマビューっていうホステルに泊まっとったんやけど、、、
まあ見事にドン曇り。
でも時々雲が切れかけて、晴れそう、、、でも晴れへん。。。
P6294432.jpg
結局山の姿を拝めたのは2日目の朝だけ、っていう悲しい結果に終わってしもーた。。。


4日間、一緒やったガイドさん。
P6284429.jpg
「写真とっていい?」って聞いたら、「Why not??」と答えてくれたあとのドヤ顔。
いただきましたーーー。

ガイドさんって現地の人なわけで、ネパールのいろんなこと聞くの楽しかったし
20年のベテランなだけあって、安心してついて行くことが出来た。

でもさ、だんだん話はそれて
「ガイドは会社からは宿とご飯分くらいしか金をもらえず、利益はチップのぶんだけだ。」
とか
「前に日本から弾丸旅行で来た子達は、チップで100ドルくれたんだ!」
とか
「うちの2番目の子どもがキミと同じ看護師になりたいと言ってる。でも学校の費用が高くて行かせてやれるかどうか…。」
とか。

…いや、わかる。わかるで。
そりゃさ、儲けたいよな。
目の前におるんは、物価の高い金持っててもおかしくない日本からの旅人なわけやし。

でもさ。
そんな話されてもあたしはしがない貧乏旅人なわけで。会社にガイド料も払っとるわけで。
もちろんお世話にわなっとるけど、チップってあくまで感謝の気持ちとして払うものなわけで。
なんか一体あたしにどうしろと…???ていう気持ちにさせられた。

そんなこんなで天気とガイドさんのやり取りでちょっと複雑な気持ちのまま、トレッキング終了。。。


うーーーん。これは絶対リベンジせねばな。。。
次は絶対エエ天気のシーズンに来るぞ!!!

2011.06.29 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。