上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
久々に宿探しに苦労したかも。

次にやって来たんは甘孜(ガンゼ)って街。
例の数年前のガイドブックに書かれた宿はやたら高いし、歩いて探すしかない。
何件も何件も聞いて歩き、ようやく見つけた安い宿。
相変わらず全く言葉通じんのやけど、お姉ちゃんもおばあちゃんも優しい。
P6144188.jpg
でもって窓からこの景色。最高。

が、お風呂に入る習慣のないチベット人。
シーツもあんまり代える習慣がない様子で、あんまりきれいじゃない。。。
こんなとき寝袋と寝袋シーツが大活躍。

でも正直なところそれより汚いんは。あたしですからーーー!!今どきギター侍風。ぷぷぷ。
なんせ3日シャワーしてないし、とにかく風呂に入りたくてしょうがない。
夕方から探すも、前に人から教えてもらったところは営業してない様子。。。
明日の朝に賭けるか、と思いながら就寝。。。

次の日、朝ご飯食べた食堂で教えてもらっていそいそ向かう。
実はここには温泉があるんや!!!
その名も「幸福温泉」。ぴったりすぎるネーミングにニヤニヤ。
迷いに迷ってようやく見つけたときは感動したぁあああ。
もう湯船に浸かれるってだけでテンション上がりまくり。
洗濯もジャブジャブして、はぁあ。幸せ。
はい、全身から硫黄臭する女子いっちょありーーーっと。


ここではチベットで一回やってみたかったことに挑戦。
それはゴンパの周りをコルラしてみること。
何気に巡礼路はうろうろ歩いとるんやけど、やったことなかったからなー。
朝から。
チベタンの人達の後ろをストーカーばりについて歩く。
P6154250.jpg

ストゥーパの周りやら
P6154252.jpg

マニ車のある建物の中
P6154260.jpg

マニ塚的なやつとか
P6144235.jpg

P6144233.jpg

んで、時々こんなんも横目に見ながら
P6154262.jpg

麓の小さなお寺、いろんなとこをくるくるしながら山の上のゴンパを目指す。
P6154280.jpg

これ、、、結構な距離。。。
P6154261.jpg
赤ちゃん背負ってやっとるるおかーちゃん達、すげぇ。
見とる限りどこをどのくらいの回数廻るかは人それぞれみたい。
あたしは3回ずつにしてみたら、結局昼までかかった。笑

お寺の中はこんな様子。
P6144207.jpg
チベットのお寺はカラフルで好き。

デカイ仏像さん。
P6144214.jpg

仏像さんの前にはこういうのがよく置いてある。
P6144204.jpg
この石のアクセサリーみたいなんはお供え物かな??

ちなみに何体かある像の中にはこういうのも。。。
P6154302.jpg
ぐへへ。。。

そういやここも、ダライラマの写真が飾ってあったな。
ゴンパで会ったお坊さんはインドに行ったらしく、携帯にもダライラマの写真を持ってはった。
最高指導者は亡命せざるを得へん状況やけど、この人達はここで大切なものを守り続けとるんや。
そんな気がした。

山を降りてくと、川にぶつかった。
P6154274.jpg
途中迷いながらも出発地点まで戻って、コルラ終了。

いっぱいやるか!!
P6144246.jpg
と言いたいところやけど、チベットではビール見かけへんねんな。。。コレが。。。
だからしゃーなしビール味飲料で我慢。。。

そういやここで初めてチベット料理にも挑戦。
これは「トゥクパ」っていう、まぁ言うなればうどんに近い麺料理。
P6154284.jpg
ただ上に乗っとる肉がマトンらしく。。。曲者やったわ。。。

しかしほんま天気がいいし、景色がいいし
P6144226.jpg
人の笑顔も最高やし。

おじいちゃんの背中はかわいいし。笑
P6154287.jpg
あたしにとっては、おるだけで幸せになれる場所やった。


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆情報ノート(2011.6.15時点)☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

色達→炉雀(乗り合いタクシー) 40元 3時間半
 宿の人に8時半頃に乗り合いタクシーが来るとの情報をもらって、1台目はフル、9時頃に来たのに乗り込んだ。
 
炉雀→甘孜(乗り合いタクシー) 30元 3時間
 降りたところで何台かが呼び込みをしとったから、たくさん人が乗っとるのに乗り換え、すぐに出発。

宿:名前を失念。。。 シングル 40元、ドミ(ツインの部屋を相部屋として使用)20元
 橋のバスターミナルと反対側、2ブロック目にある。2階。
 入り口のところで時々野良wifiが拾えた。

2011.06.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。