上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
おかしい。。。何の連絡もない。。。

九塞溝・黄龍の旅から成都に帰ったのがチベットツアー出発の前日。
「パーミットが取れたら、電車のチケットどうするかで連絡するわ!」
ツアーデスクのお姉さんからそう聞いとった。

おかしいやん!??もう前日よ!??
違うホステルに宿替えしとったからその日の夜、前のホステルまで聞きに出かけてツアーメンバーに出会う。

「…まだパーミットおりてないらしいんですよね。」

ひょっ?ひょっ??ひょええええぇーーーーーええええ(’△’)!??
取れへんかもなんて聞いてなかったけど!??
ちょいちょいちょいちょいちょいちょいちょいちょい!!!どゆこと!??

なんか事情はよく分からんへんものの、ツアーデスクのお姉さんによれば明日取れる可能性はあるとのこと。
うーーーーーん、とりあえず待つしかないか。。。

さらにはイギリス人のサムが行けへんかもって。
ちょっと前から動悸と頭痛があって病院に行ってみたところ、かなりの高血圧やって降圧剤飲み始めたって。
悲しいけどそんな人に無理に行こうなんて言われへん。

仕方ないから飲むよ。
016.jpg
だってしょうがないやないか。


ツアー出発当日、17時になれば結果が出るっていうんでそれまでツアーメンバー4人で遊びに行くことに。
ほいさ。本場の坦々麺。こちらも激辛仕様になっとります。
P6033866.jpg
ひゃーひゃー言いながら平らげ、ユエン(白玉団子にゴマ、くるみ、ナッツの甘いソースが入ったスイーツ)もペロリ。

その後人民公園の茶園でお茶。
P6033878.jpg
ナントカ花茶。氷砂糖を溶かして飲むタイプ。
見た目はエレガンスながら、味はまーまーというパっとせーへんタイプ。

でもここに来た本来の目的はこれじゃない。。。
観光マップに書いてあった“ear clean”の文字が気になりすぎたから。。。
そう、あたしは知る人ぞ知る耳掻きフェチである。
ちなみにするのもされるのも大好きである。

ただ茶園の辺りに“ear clean”て書いてあったから来てみたものの、ここはやっぱりただの茶園。
畳の部屋なんてしゃれたものとかないけど、はて、いったいどこで耳掻きが繰り広げられるのやら。。。
と思いつつ、茶をすすること10分。
ちゃりーんちゃりーん、という金属音と共にどこからともなく湧いて出てきた数人のオジサマ方。。。
手に持っとるその金属は、、、耳掻き数種類やないかっ!!!
コレっ!!コレや!!間違いないっ!!
いや、、しかし、、、その耳掻きキレイなんか!?どうなんや!??そこんとこっ!!
そんな疑問を残しつつも、耳掻き欲には耐えられず。
「imomarumaru一丁入りまーーーす♪」
そして訪れる至福の瞬間。。。
IMG_1507.jpg
どうよ、この恍惚の表情。。。

耳掻きがキレイかどうかは別にして、とりあえずこれめーーーっちゃ気持ちエエ
普通の耳掻きに加えて、なんか棒を振動させて耳の中ブルブルしてくれるんやけどそれがまた。。。
おっさん、、、あんたらプロや、、、あんたらには完敗いやむしろ乾杯や。。。
と思っておっさんの胸のあたりをみたら、人民公園の職員(公務員?)的なバッチを付けてはった。
つまりは…完全にコレでいい金儲けしとるわけですな☆
エエな、、、その仕事、、、あたしもしたい。。。

その後も人民公園プラプラしたり、中国政府に怒られそうな写真撮ったりして
P6033883.jpg
遊び疲れてホステルに帰る。

そして運命の瞬間。

「パーミット取れた??」

答えは

「NO」

おえぇえええええぇええぇぇぇーーーーーーーーーーんん(⊃д`)

しかも次にパーミットがおりる可能性のある日は、10日後か12日後なんやそうな。
なあ、なんなんそれ??その微妙な感じ!??
中国政府の馬っ鹿野郎っ!!!
取れへんなんてちっとも考えず、このために1週間待ったあたしらの落胆ったらハンパなかった。
P6033894.jpg
ホステルをウロチョロしとる赤ちゃん猫兄弟。
今のあたしの荒みきった心には、キミらだけがオアシスや。。。

結局、取れるか取れへんか分からんパーミットを待つのは微妙やってことで、チームは解散することになった。
このメンバーで行くのめっちゃ楽しみにしとったし、寂しくてしょうがなかったな。
で、それぞれ次のルートを考えた結果、そーすけくんが明日早朝に出発するって言うんで解散式に4人で焼肉へ。
その後もひたすらヤケ酒。
P6043896.jpg
もう残念以外の言葉が見つからへんわ。。。またこのメンバーでどっかで集まれんかな。。。

2011.06.03 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。